Untitled

膝の痛み。

痛みと言っても様々です。

①ある角度になると、膝に楔が入って締め付けたような痛み。

(膝を伸ばしてしまうと消える)

②関節に石が入ったような鈍痛。

③雷が走った様に鋭い痛み。

写真はそれぞれ表側痛み①

裏側痛み②

臀部~太股裏側痛み③

に対応し、主な原因に関係がある筋肉を表出したものです。

写真のイラストのものはその大元、体全体の歪みを作る原因。

膝が変形した膝関節変形症は本当に膝が変形したわけではないのが殆どです。

痛む所まで来てしまうと、暖めたりした程度ではその改善はたかが知れています。

ちょっと冷えれば元通りの萎縮した状態になります。

良く見ると筋肉は脛骨にある筋肉は大腿骨、大腿骨にある筋肉は骨盤と隣の骨に端部がくっついています。

それが委縮していると関節の間を狭くします。

仮にレントゲンで見て骨の間が狭く、ぶつかった様な状態でもこの筋肉の委縮を取ると、間が開きます。

ヘルニアも似た関係です。

最後の写真所謂座骨神経で、膝にいく座骨神経第二枝を圧迫しているとあたかも膝に楔が痛みがあるかのような神経反応が起こり脳に膝がいたいという常法が生き、治すために膝に水を溜めよ!との命令が下され、実際水が膝関節にたまり痛む事もあります。

これらの痛みは、キチンと筋肉を緩め、関節の間を正しくすれば即止します。





#パワースポット #気功 #遠隔気功 #気功セミナー #占い #占いセミナー #痩身 #ダイエット #健康

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

その病気治し方あってます?

何年通っても治らない所に通っていませんか? ずっと通うのが当たり前と思っていませんか? そこは治せない所と考えた方が良いかもしれません。 数十年の鬱も1週間以内に完治する方法があります。 勿論その後受診した神経科の先生は完治した事を信じません。 自ら治す気になって治せる所に行くべきです。 常識や理屈では考えられなくとも治る方法と言うものは現実にあります。 精神的病を治したりトラウマも取れます。 簡

不安ばかりで精神的にまいりません様に!

6を除いたら何の症状か分かりにくいですよね。 治すのにカウンセリングやクスリは必要ありません。 1.頭痛、胃痛、腹痛、微熱が3日以上続く 2.めまい、動悸などの症状がある 3.食欲が低下している 4.夜眠れない、朝起きられない 5.不安や焦り、イライラがある 6.憂鬱な気分が続いている 7.やる気、集中力が落ちている 7.考えがまとまらない 8.不登校や引きこもりになる 9.成績が落ちてきている

頑張れ!

  • 潮流式気功整体・白刀流運気術学院
  • 進藤潮流式気功整体白刀流運気学

2019 進藤潮流式気功整体・白刀流運気学 All rights reserved.