お伽話6  神の道


足跡は一つの大きな足跡が後1つ付けば埋まってしまうまで来ました。


Lさん

大きな神様が来るかも知れん。と

期待していましたが、竹馬の先に大きな足跡を取り付けたちょうどスタンプを押すように付けて行ったそうです。

「つまらん想像をするな」と嘲笑うかのように呆気ないものでした。

所で額の穴、その先は見えないけど神様もその泉からエネルギーを得てるみたいだな。とLさん。

そうだ、あんた水作れ。

眷属さんそのボトル大事そうに抱えてるよ(笑)

それから水の製作に奮闘しました。

あれよあれよと言う間に出来てしまいましたが。

で、金色の足跡の話し、あれは神様の通り道の建設だったね。

何処から何処に繋がっているかは全て分からないが、その一端はあんたの店にあるよ。

もう一つは私の所。

まだ他にもあるな。

Lさんの話しはいつも飛びます。感じた通りに話すものですから。

いちいち理由を考えている暇もありません。




無料会員登録は

http://wix.to/9kB3Ags

会員専用情報を見たい。

誰にも知られずに

質問したい。

問合せをしたい方は

こちらからが便利です。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

運気学で観ると 日本の運気は これからさらに世界から取り残され 光を失うかの瀬戸際にあります。 国だけで無く 日本人全てに関わる事です。 正確に伝えるにはどう書いて良い難しいのですが誤解を恐れず書く事にしました。 それだけ大変な時期だからです。 以下の事を 個々に良く考え実行する事が大切です。 人と比べる事なくと言う事が大前提です。 自分で価値の基準を見出せているか、作れているか。 世間で言うその

コンビニに寄って車を出そうとしたら車の前におばあさんが道を塞ぎ 窓を叩くので 何だろ?と思い窓を開けると 駅まで送って欲しいとの事。 駅まではここから2km(実際はもっとありました。)位あり 気温も恐らく36°位。 こんな日に後2キロも歩いたら熱中症になっちゃうよ!ばあちゃん! 汗もかいていない感じだし 何となく顔が赤い様な… 迷わず乗って貰い たまたま用意していた飲み物と保冷剤があったので 応急