運気学からウイルス騒動、経済を観ると

運気学から

ウイルス騒動

経済を観ると

過去のウイルスは発生年を運気学で調べるといつまで続くか

経済はどうなるか

等がわかます。

ウイルスを観ると

ある周期にで発生しているのがわかります。

古くはペストがそうです。

ペスト、HIVウイルス他現在でも根絶になっていないものは沢山あります。

ある周期で似た様な事になっており

時代は繰り返すの通りです。

経済についても同じ様に時代は繰り返しています。

戦前と酷似していると言えると8年前辺りから書いていますがそれもある周期で重なります。

今年の災いは経済です。

1年を観る方法

生涯を観る方法がありますが

ふとひらめきがあり

一昨年

東条英機と現Aさんの1年運気と生涯運気を比べてみようと思いました。

結果

恐ろしい事に

東条英機と現Aさんの1年運気と生涯運気が全く同じでした。

その様な人は見たことがありません。

しかもその2人が同じ地位にいると言うのは正に天文学的数字になります。

第二次世界大戦が始まった時期の東条英機の運気と昨年の現首相の運気が重なります。

戦争状態と言われるコロナウイルス騒動が始まったのが昨年暮れです。

これからどんな道を辿るのか

余り詳しくは書けませんがコロナに関しては個人が注意することが最も大切です。

オリンピックをいつ諦めるかが復活への一つの鍵に思えます。

本当の幸せは何か?

それには本当は何が必要で何が余分なものか取捨選択すると事が今後の運気を大きく左右します。





19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

忘れていませんか? 何も収束していません。

外部被爆と内部被爆について。 騒ぐだけで、何もしないのでは同じ事。 個人的見解ですが対策はあります。 何も行動せずにはいかないと思いました。 様々なソースを見ていて違和感を覚えたので書きます。 どうも広島や長崎と比較して納得している人が多いのでは? ものすごく簡単に書きますと。 広島、長崎は大火事でしたが鎮火しました、 福島は、ぼやでしたがいまだくすぶっています。 外部被爆は太陽にたとえると、 日

在宅ワークが多くなると運動不足やストレス過多 会社の机と椅子と違うので腰や肩こりになりやすくなりますので注意です。

腰椎がずれると起こりやすいのは腰痛・椎間板ヘルニア。 腰痛は実は脳からきていることが多く、ここではヘルニアについて述べます 何故ヘルニアが痛むのかは最近ご存知の方も多いですよね。 骨と骨の間にあるクッションの役割をしている椎間板はクッションですから当然骨と骨の間に挟まれています。 通常は少し間が開いているものですが骨の位置を決める筋肉が何らかの理由で萎縮すると椎間板を骨がおしくらまんじゅうをして椎