自閉症のしんちゃんが喋った!



駆け込み寺を始めようと思ったきっかけ。


遥か遥か昔の話です。(長くてごめんなさい!)


今で言うスイミングインストラクターをしていた時の話。


小学校低学年で

しんちゃんと言う男の子がいました。


全く言葉を発せず

嫌な事があると

殴る、タックル、噛みつきは日常茶飯事の有様。


ロッカーからプールに行く順路

シャワーを浴びる場所も浴び方も同じ。

いや同じで無いと暴れる。

自分の決めたシャワーの場所に他の子がいると噛み付いたり^^;


声を上げて笑う事もニコッとする事もありませんでした。


自閉症の子を集めたクラスが出来

コース担当をする事となり

時にはその子達のご両親に集まって頂き

話をしたり場合によっては揉めたり叱られたり(^◇^;)


「先生に何が解る!」


「先に死ぬのは申し訳ないけど、親です!

残された子はどうなる。」

と言った具合です。


よく行動を見ていると

しんちゃんは

こちらの事を物陰からじっと見ていて

言葉ではなくボディーランゲージの様なもので大まかな意思が通じる事が分かり何とかしようと

シャワーからプール迄の順路を邪魔したり

当時の浅はかな考えで色々してみました。

言葉で喋っても分かりにくいので

体当たりで挑む?

毎日


特別なクラスではなく普通の子と一緒のコースにしばらく入って貰い

様子を見ていると

子供って流石!

変な先入観無しで

普通に話かける(゚o゚;;

反応しないと

「しゃべれないの?」

と全く遠慮無し。


それでもしばらく子供同士で競いあったり

自由時間に遊んだり。

違うのは泳ぎの速さと言葉を発さない事くらい。


しばらくたったある日

しんちゃんにコースの号令係を任せた所

言葉は相変わらず発さないものの

年下な子の手を引いてキチンと並ばせたり

気後れせず前に立って注目させたり。

そのうち他の子もキチンと並ぶようになり並び終わると

しんちゃん

僕をつついて

「ん!」(並ばせたよ!言う事らしい)と

目の輝きもちょっと変わった様でした。

ちょっと誇らしげな^_^





そんな毎日を送っていると月日が経つのは早いもので

就職をしなければいけない年になり

スイミングクラブで引き止められたものの

スクールにも足が遠のいて行きました。

やがて内定を貰い

スクールを去ることになり


半年位たったある日

先輩インストラクターから手紙を貰いました。


「あなたが居なくなってから

あの しんちゃんが

先生を探しています。」


申し訳ない事をしたなと思いました。


でも

その続きがありました。


「あの誰とも話さない

言葉を喋らないと誰もが思っていたしんちゃんが

昨日私に

し・ん・ど・う・せ・ん・せ・い・ど・こ と聞いてきたんです。


あなたのおかげですありがとう。

あなたが残してくれた財産です。」


思わず涙あふれて来ました。


そのような事もあり後々人の役に立つ事をしたいと思いました。


駆け込み寺なろうと思うまで

相当な時間はかかりましたが。

現在の自分が在ります。


ホームページ

http://shindo-kikou.com/

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コンビニに寄って車を出そうとしたら車の前におばあさんが道を塞ぎ 窓を叩くので 何だろ?と思い窓を開けると 駅まで送って欲しいとの事。 駅まではここから2km(実際はもっとありました。)位あり 気温も恐らく36°位。 こんな日に後2キロも歩いたら熱中症になっちゃうよ!ばあちゃん! 汗もかいていない感じだし 何となく顔が赤い様な… 迷わず乗って貰い たまたま用意していた飲み物と保冷剤があったので 応急

ここ数ヶ月で2度も入院した父。 12月21日に退院しました。 年末年始の事を色々やるだろうと予測出来たので毎日の様に実家に行って 大掃除や年始の飾り等やりましたが こちらの行動も虚しく またまた言う事を聞かずに あれこれやり出して 1月9日実家に行くと 背中が痛いと床に横になっていました。 気で見るとまた胸椎を新たに骨折。 本人は3日後に通院なのでその時に診てもらおうと考えていましたが 気診では明

先日鎌倉に行きたいので 良いスポットがあったら教えて!と電話が 場所を教えると 行ってみます!とお礼もなし… その中のここに行ったらいいよと教える間もありませんでした。 それじゃあただの観光なんだよね。 おかげツアーは危険なく 良き事だけ来る様にする為に開催しているけれど パワースポットからの遠隔も同じ事。 なので日頃から場所のだけ知って行ってもダメですよと言っているんだけどね。 わからないんだね