腰椎がずれると起こりやすいのは腰痛・椎間板ヘルニア。

最終更新: 2019年11月8日



腰痛は実は脳からきていることが多いのでここではヘルニアについて述べます


 何故ヘルニアが痛むのかは最近ご存知の方も多いですよね。


骨と骨の間にあるクッションの役割をしている椎間板はクッションですから当然骨と骨の間に挟まれています。

通常は少し間が開いているものですが骨の位置を決める筋肉が何らかの理由で萎縮すると椎間板を骨がおしくらまんじゅうをして椎間板は行き場を 無くし外にはみ出るしかありません.


はみ出たところに神経があるとそれに触れて痛みが出ると言うのが痛切ですが、はみ出た椎間板を切除しても骨の間は開きません。

筋肉が締め付けている状態を元にもでせ場おしくらまんじゅう状態から押していない状態になりますので、椎間板は元の位置に戻ることになります。


椎間板のジェルのような中身が出ない限りはそれで治ります。

もっともその状態でも骨の間隔をきちんと取れば、人には元々自然治癒力がありますから、組織は復活します。


進藤潮流式気功整体・白刀流運気学

GW・お盆・年末も定休日(火曜水曜)以外は営業しております。


web shop

https://shindokus666.shopselect.net




#パワースポット #遠隔気功

#気功 #健康 #ツアー #精神

#おかげ #スピリチュアル

#神社 #神様 #魂 #開運 #痩身 #ダイエット

#腰痛 #脊柱菅狭窄症

#椎間板 #椎間板ヘルニア

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

その病気治し方あってます?

何年通っても治らない所に通っていませんか? ずっと通うのが当たり前と思っていませんか? そこは治せない所と考えた方が良いかもしれません。 数十年の鬱も1週間以内に完治する方法があります。 勿論その後受診した神経科の先生は完治した事を信じません。 自ら治す気になって治せる所に行くべきです。 常識や理屈では考えられなくとも治る方法と言うものは現実にあります。 精神的病を治したりトラウマも取れます。 簡

不安ばかりで精神的にまいりません様に!

6を除いたら何の症状か分かりにくいですよね。 治すのにカウンセリングやクスリは必要ありません。 1.頭痛、胃痛、腹痛、微熱が3日以上続く 2.めまい、動悸などの症状がある 3.食欲が低下している 4.夜眠れない、朝起きられない 5.不安や焦り、イライラがある 6.憂鬱な気分が続いている 7.やる気、集中力が落ちている 7.考えがまとまらない 8.不登校や引きこもりになる 9.成績が落ちてきている

  • 潮流式気功整体・白刀流運気術学院
  • 進藤潮流式気功整体白刀流運気学

2019 進藤潮流式気功整体・白刀流運気学 All rights reserved.