立っているだけ、歩いているだけで 老化を予防しいつまでも若々しく保ち、足のむくみを取り細く保つ


トレーニング方法。

二人の女性が並んでいる絵、

右の女性の方が若々しくプロポーションが良く見えます。

一方、膝を曲げ膝を少し開き前屈みの姿勢の左の女性は所謂老人歩になっているでしょう。

この体制になると足が上げにくく歩幅も広くとれません。

また首も前屈みになります。

健康にも良くありません。

若くてもハイヒールを履いている女性やお腹が少し出てきた男性にもこの傾向があります。

では忙しくて時間が取れない方はどうしたらよいか?

歯みがき、体重計に乗る等何かのついでで1日少し試してみてください。

①爪先を少し外側に向け膝を揃えます。

②膝をまっすぐ伸ばします。

それだけです。

①②と足先の骨格図の様に三点で体重を支えるように意識が出来る

になったら、

膝を充分に伸ばしながら歩く際応用してみてください。

骨格を意識できそうな方は骨盤の位置も意識をしてみてください。

耳と踝を結んだ線上に骨盤や大腿骨頭が来ていれば正解です。

#健康 #ツアー #精神

#おかげ #スピリチュアル

#神社 #神様 # #開運 #痩身 #ダイエット




13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

忘れていませんか? 何も収束していません。

外部被爆と内部被爆について。 騒ぐだけで、何もしないのでは同じ事。 個人的見解ですが対策はあります。 何も行動せずにはいかないと思いました。 様々なソースを見ていて違和感を覚えたので書きます。 どうも広島や長崎と比較して納得している人が多いのでは? ものすごく簡単に書きますと。 広島、長崎は大火事でしたが鎮火しました、 福島は、ぼやでしたがいまだくすぶっています。 外部被爆は太陽にたとえると、 日

在宅ワークが多くなると運動不足やストレス過多 会社の机と椅子と違うので腰や肩こりになりやすくなりますので注意です。

腰椎がずれると起こりやすいのは腰痛・椎間板ヘルニア。 腰痛は実は脳からきていることが多く、ここではヘルニアについて述べます 何故ヘルニアが痛むのかは最近ご存知の方も多いですよね。 骨と骨の間にあるクッションの役割をしている椎間板はクッションですから当然骨と骨の間に挟まれています。 通常は少し間が開いているものですが骨の位置を決める筋肉が何らかの理由で萎縮すると椎間板を骨がおしくらまんじゅうをして椎