御朱印帳と納経帳 その違いと 自身がピンチの時の使い方


納経帳(御朱印帳)

神社やお寺で参拝記念で頂いて来る方も多いかと思います。

バスツアーで添乗員さんツアー参加者のが納経帳(御朱印帳)を何十冊と抱えて御朱印を頂いているのを良く目にします。

御朱印帳は神様にお参りした証。

納経帳は寺院に経文を納めた証として頂くものです。

代理で頂いて貰うものでも

スタンプラリーやコレクションで集めるものではありません。

投稿などで人に見せるものでもありません。

ましてや転売などもっての他

納経帳に頂く場合

写経を書き納めさせて頂くのが礼儀です。

また経を書く際は墨汁等ではなく墨をすって書くのが正式です。

「四国八十八ヶ所霊場御朱印帳」等は神仏混合でも構わないと言う説があり

「納経帳」や「御朱印帳」となっているものは神社ではご朱印帳

寺院では納経帳が一般的な考えです。

ピンチの時は枕元に置き身体浄化を思いながら休むのが良いとされています。

ホームページ

http://shindo-kikou.com/

#パワースポット #気功 #遠隔気功 #気功セミナー #占い #占いセミナー #痩身 #ダイエット #健康




2019 進藤潮流式気功整体・白刀流運気学 All rights reserved.  

  • 潮流式気功整体・白刀流運気術学院
  • 進藤潮流式気功整体白刀流運気学