幸せを呼び込む方法1




 相田みつをの言葉に、

「のに」

あんなにしてやったのに。

「のに」がつくと愚痴が出る。


と言うものがありますが、一寸した自分の言葉の癖を直すだけでも

変わっていきます。

確かに「~のに・・・」の後には否定的な言葉が来ますね。


 例えば「だったらよかったな」のような代替言葉を使うようにするのです。


「せっかくやったのに」よりも「やってみたんだけどな」の方が相手に与える印象や、とげが違います。

 癖でしたから注意している時はそう出来ますが、気を緩めると、また癖が出るでしょう。

 しかし一回「その言葉を変えてみよう」と気が付いていますから、「のに」を口に出した時いけないと思うでしょう。

また戻っても気付いていない頃には決して戻りません。


 何も気が付かずにいた時は、良くない言葉とも分かりませんが、一回気が付くと気付かないとでは雲泥の差があります。

それを何度も何度も繰り返せば、自分の言葉が変わることに気が付くでしょう。


 「ありがとう」「ごめんなさい」「あいしています」良い言葉を言われて相当疑い深い人意外は嫌悪感を抱く人はいないでしょう。


 素直な表現の仕方を考え、話す相手に愛情や尊重をもって話せば違ってくると思います。




閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

運気学で観ると 日本の運気は これからさらに世界から取り残され 光を失うかの瀬戸際にあります。 国だけで無く 日本人全てに関わる事です。 正確に伝えるにはどう書いて良い難しいのですが誤解を恐れず書く事にしました。 それだけ大変な時期だからです。 以下の事を 個々に良く考え実行する事が大切です。 人と比べる事なくと言う事が大前提です。 自分で価値の基準を見出せているか、作れているか。 世間で言うその