大山パワースポット遠隔気功ヒーリング

非常に沢山の方々のご依頼ありがとうございます!


今回は大山です。

別名雨降り山とも言われ

当日の予報も90%雨との事でしたが

雨降り山だから雨が降っていても良いか〜

などと考えながらも

出発する時も傘を全く考えていなく(いつもの事ですが)

普通に出発!


368 段の階段を登ってケーブルカー駅に着いて上がればすぐなのですが

今回は気脈をたどりたいので

麓から頂上まで全て歩きです。

ケーブルカー駅迄階段を15分位登ると

男坂と女坂、ケーブルカー駅の3つに分かれます。


私は立ち寄りたい所があるので

女坂を登ります。



ケーブルカー駅までの階段はお土産物屋さんの間の階段を登っていきます。

階段の途中には大山ゴマのブロックがあり

大きいコマは100段、中くらいのコマは10段、小さいコマは1段を、表しています。

階段の立ち上がり部分には

大山に関してのなそなぞ(大山の別名は?とか何メートルあるか?等)書いてあります。

辛い階段を嫌にならず登れる様にでしょうか😊







程なくケーブルカー駅に着きました。





お邪魔させて頂く事をお断りし

本日の登山な無事をお祈りしていざ女坂へ



ここから阿夫利神社迄40分位の登りのようす。

階段に次ぐ階段💦


大きな木が倒れて柵が壊れていたり

雨が降ったら滑りやすそうな所です。


殆どの人が素通りしてしまう様な所に気脈があったりします。

結構な吹き出方をしていましたよ!


男坂には無いのですが

七不思議と言うものがあり

それぞれに言われがあります、


爪でその像を作ったと言われる爪から地蔵や弘法水、小守り地蔵などなど



登るほどにあたり靄?曇?が深くなって来たので

先を急ぎます!

数十分後とりあえずの阿夫利神社に到着!




あたりはすっかり何も見えません(笑)

今回もディープな、お願い事が多かったので

この神秘的な雰囲気は返って良かったかも知れませんよ!






御神水を頂きいざ頂上まで!

後2時間位登りでしょうか。


途中で上から女性が1人で降りて来まして

山ですので挨拶すると

道に迷いそうで怖くて途中で降りて来たそうで

案内しましょうか?と言おうとも思いましたが安全のために声は掛けずに

阿夫利神社やその下の見所をお教えして1人頂上へ!!


晴れていたらこんなです^_^



今回は日没との勝負!

暗くなる前に阿夫利神社迄は最低降りなければいけないので

写真は割愛させて頂きました。

ごめんなさい。


ケーブルカーの最終は16:30だったのですが終わった挨拶も、しなければいけないので

片道を戻ります。

ケーブルカー阿夫利神社駅そばでも



もう街灯が点き始めましたぁー


急いで挨拶回りして降りないと真っ暗な山道を降りる様です💦


昼に阿夫利神社のそばのお店?お土産や?

でルーメソと言うのぼりの所で昼を食べたのが良くなかったかなぁ?


ルーメソは

こんなのぼりです!


ラーメンののぼりを横にしただけなんですが

ルーメソと読めてしまうので前から気になって…

でもお品書きにはラーメン(ルーメソとも言う)と真面目なんだか不真面目なんだか分からない表記が😂



ルーメソを食べようと思いましたが

ただのラーメンと分かったので

山菜そばとちょっと気になったよもぎ餅を頂きました。

昭和感が漂うお店でした。




どうなることかと思いましたが

阿夫利神社から徒歩で真っ暗になる前にたどり着きました。


今回はスリリングでした。

今までで1番厳しく忙しい

パワースポットになりました。


龍神さんが常に後ろから観ている感じがずっとしていました。

この様にずっと感じている事も珍しい事でした。



今回はコースの地図を撮って来ました。


天気の良い時には2時間半の登山です。

阿夫利神社下社迄ケーブルカーを利用すれば

1時間半位で本社迄行けますよ!

山ですので悪天候や急な変化には注意です。





5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

癒しを仕事にしてある方からのアドバイス

お前は商売下手だな とか そんなに一生懸命やらなくても とか 言われる事があります。 それもそうかもね。 でも人が良くなるとか 悩みが軽くなるとか 運気が上がるのは 本当に嬉しいので 一生懸命やってしまうんですよぉ 命をかけて幸せにする人が 現れたらと切に願っています。 今日声が綺麗な方と 買い物をしている夢を見ました。 夢を覚えているのは稀でした。 実在する人だったらいいな!

伊豆下田の帰りに寄った熱海伊豆山

今月の初め 熱海伊豆山地区の土石流 酷かったですね( ; ; ) その3日前にその地区に居たんです実は。 いつもの様に人災なのはすぐに分かりました。 正に通った道が土石流が押し寄せていました。 いつもはチョロチョロ水が流れる程度の逢初川 良く知っている店やよく見る街や家が飲み込まれるのは 本当に涙が出ました。 パワースポットは流石に何ともありませんでしたが そこに行く道が開通するまで少しかかりそ