三足の草鞋を履いてまで気功師・整体師・運気学師になった訳。


かつてはサラリーマンをしていました。

「人に役に立つ事は何か」と考えていましたが現実には思ったことを行動に直ぐに移すと言うことは難しいものです。

考えているだけでただただサラリーマンを続けていた私にあるとき周りから動かされるようなことが次々と起こり始めました。

当時は大リストラ時代にプラス多忙で

眠れないような日々が続き体を壊しました。

悪くなるに従い出社することが困難にな当然リストラをされてしまったのです。

白刀流運気学師範(占い)と潮流式気功・整体の三足の草鞋を履いたのは今から10数年前。

不思議なもので丁度リストラ時期と新しい出会いとが重なりました。

小さい頃から怪我が絶えませんでしたが中学三年の時両膝半月盤損傷で膝が曲がらないほどの重傷でした。

(この整体の先生は後の整体の師匠になりますが)

整体を受け歩けるように直ぐに回復して信じられなかったのを今でも鮮明に覚えています。

整体のありがたさ凄さは身を持って知っていました。

大転換期は突然訪れました。

世の中の大リストラ時代

会社の業績の悪化

オーバーワーク

病院に随分おせわになりました。

そんな時ふと目にとまったのが気功整体クリニックの文字。何故か迷わず門を叩いていました。

それからは1ヶ月と言う驚く速さで気功らしきものを身に付け

同時に整体(小さな頃からかかっていましたので、やり方を覚えていました。)の学校にも通い始めていました。

クリニックに出入りしていた方に占い学校の先生がたまたまおり

その方から、白刀流運気学を学ぶきっかけを頂きこれも迷うことなくお願いをしていました。

午前中はクリニック午後は学校、夜はアルバイト休みの日は運気学の勉強と続けているうち1ヶ月もするとクリニックでは施術される側から施術のアシスタントになっており整体学校を卒業する頃には運気術の方面でも師範の称号をいただけるまでになっていました。

全ての資格を取得するまでに3年。

何故わざわざ3足の草鞋を履いたか?

心を病みすぎれば体を壊します。

体を悪くすれば心を病んで行きます。

当然気力も減退します。

もともと膝に大怪我をし眠れないこともあった経験から心だけのケア・体だけのケアでは不十分であらゆる面からのケアが大切だと実感したからです。

このようなことから

あえて3足の草鞋を履いています。

心や体を長い間壊し苦しみあらゆるものを試し

結果自らの気功で完全に回復した経験を身をもってしたおかげで

誰よりも痛みが分かる様に

なれたのは言うまでもありません。




閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

運気学で観ると 日本の運気は これからさらに世界から取り残され 光を失うかの瀬戸際にあります。 国だけで無く 日本人全てに関わる事です。 正確に伝えるにはどう書いて良い難しいのですが誤解を恐れず書く事にしました。 それだけ大変な時期だからです。 以下の事を 個々に良く考え実行する事が大切です。 人と比べる事なくと言う事が大前提です。 自分で価値の基準を見出せているか、作れているか。 世間で言うその

コンビニに寄って車を出そうとしたら車の前におばあさんが道を塞ぎ 窓を叩くので 何だろ?と思い窓を開けると 駅まで送って欲しいとの事。 駅まではここから2km(実際はもっとありました。)位あり 気温も恐らく36°位。 こんな日に後2キロも歩いたら熱中症になっちゃうよ!ばあちゃん! 汗もかいていない感じだし 何となく顔が赤い様な… 迷わず乗って貰い たまたま用意していた飲み物と保冷剤があったので 応急