top of page

ワクチンを打って具合の悪い方、コロナの後遺症でお悩みの方へ

仕事柄、健康と幸せを追求する事を

インスピレーションを受ける様にしていますが

今回自身のインスピレーションと

珍しくお医者さんの団体と見解が一致したので

是非参考にしてみて下さい。


若返りや痩せやすいと言う特徴もあります。


細胞が元気であれば

若々しく元気でいられます。


ワクチンは陰謀論など色々ありましたが

殆どの方がワクチンを打ってしまっているので


どうしたら健康で居られるか良いか

探っていました。


導き出した答えは

細胞のミトコンドリアを元気に出来るかどうかが大きく影響がある様です。


医師たちと若々しく元気でいられるにはどうしたら良いか?と雑談の中から出た話でしたが

ワクチンを打つ弊害はミトコンドリアが毒されてしまう事なんだそうです。


ミトコンドリアが元気でないと言うことは

加齢でも起こる話です。

元気が無くなるのは当たり前ですよね。



ミトコンドリアは細胞のいわばエンジンです。

ここがよく働くと

体では熱を作り出したり

エネルギーを効率よく身体中に供給したりします。


ここの働きが悪いと

体温も低くなりエネルギーが回らない体になってしまいます。


ミトコンドリアが死んでしまうと

人間は命を保てません。


それが毒されたのでは

手をこまねいてはいられません!


具合が悪いからとダラダラ横になっているのもミトコンドリアの視点で考えるとあまりお勧め出来ませんが

休養第一の時はよく休むことは言うまでもありません。


ミトコンドリアを元気にする生活はと言うと

空腹の時間、寒い経験をする事です。

また適度に運動(早足する程度の事です。大袈裟なことをやってしまう方が多いので注意してです、)


運動を始めて数日は体がきつくても

体が楽に対応出来るようになるのはミトコンドリアが充分なエネルギーを供給出来るようになった為なんです。

(日常的に動くとミトコンドリアが、これだけエネルギーが要るんだと判断するからです。)


また寒い思いをすると言うのは

寒い中で身体が震える経験をした事がありますよね?

あれは筋肉が付随で動き体温を上げようとするからです。

その場合はいわば緊急対応の様なものです。

そこまで寒い思いをする必要はありませんが

適度な寒さはやはりミトコンドリアが

それだけのエネルギーがいるんだと判断し、エネルギーを作り出します。


空腹の時間とは

ダイエットや1日1食などの事ではなく

お腹が空いたから(空腹になってから)食べると言う程度です。


冬になると脂肪を蓄えやすくなりますが

熱を作ろうとも働きます。


お腹が空かないと言う方は胃腸の調子が悪くない限りは

食べる量が多めなのかも知れませんので見直してみて下さい。


ミトコンドリアを元気にする食べ物


生活習慣でミトコンドリアを元気にする事も出来ますが食事にも工夫をしたいですよね。

ミトコンドリアはエンジンですから毒されたミトコンドリアを早く回復させる為にはガソリンと空気は不可欠です。


納豆を始めとしたダイス製品、じゃがいもなどの芋類


がその役目を果たします。


お医者さん軍団の話でも

同じ事を言っていました。

また、日本人が余りコロナに罹らなかったのは

この食習慣は大きいのかなと言う感想です。


原発事故の際

広島原爆で生き残った方々のインタビューを見聞きする機会がありましたが

元気に生き残った方々は味噌汁にカボチャ(当時はじゃがいもが余り無かったので)ワカメ、納豆を特に食したそうです。


これらの食物はキレート作用(悪いものを包み込んで離さない)があるので

ミトコンドリアが、元気になるのも頷けます。





閲覧数:78回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page