ストレスと痛み

その痛みを大きくしているのはストレスの場合が以外と多い

一般的に知られている原因は、骨と骨の間が狭くなり椎間板が飛び出て神経に触れている。と言うもの。

前から疑問に思っていましたが・・・

神経そのものが過敏になっている・・つまりストレスからきている場合が多いと言うことに気が付きました。

筋肉のコリに対して、「神経ごり」と勝手に呼んでいますが(笑)

実際には筋肉も凝っていますが、神経中心に「気」を当てて神経の交通渋滞を緩和してあげると、良くなってしまいます。

これは直接触れようが遠いところの方に遠隔で気を飛ばしても効果は変わりません。

場合によっては本人が気がつかない時に送っても同じです。

後から「何日の何時頃楽にならなかった?」と聞くと「そう言えば動けてました!」

と返ってきます。

意外とこのような方多いんじゃないかと思っています。



5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

その病気治し方あってます?

何年通っても治らない所に通っていませんか? ずっと通うのが当たり前と思っていませんか? そこは治せない所と考えた方が良いかもしれません。 数十年の鬱も1週間以内に完治する方法があります。 勿論その後受診した神経科の先生は完治した事を信じません。 自ら治す気になって治せる所に行くべきです。 常識や理屈では考えられなくとも治る方法と言うものは現実にあります。 精神的病を治したりトラウマも取れます。 簡

不安ばかりで精神的にまいりません様に!

6を除いたら何の症状か分かりにくいですよね。 治すのにカウンセリングやクスリは必要ありません。 1.頭痛、胃痛、腹痛、微熱が3日以上続く 2.めまい、動悸などの症状がある 3.食欲が低下している 4.夜眠れない、朝起きられない 5.不安や焦り、イライラがある 6.憂鬱な気分が続いている 7.やる気、集中力が落ちている 7.考えがまとまらない 8.不登校や引きこもりになる 9.成績が落ちてきている

  • 潮流式気功整体・白刀流運気術学院
  • 進藤潮流式気功整体白刀流運気学

2019 進藤潮流式気功整体・白刀流運気学 All rights reserved.