ストレスと痛み

その痛みを大きくしているのはストレスの場合が以外と多い

一般的に知られている原因は、骨と骨の間が狭くなり椎間板が飛び出て神経に触れている。と言うもの。

前から疑問に思っていましたが・・・

神経そのものが過敏になっている・・つまりストレスからきている場合が多いと言うことに気が付きました。

筋肉のコリに対して、「神経ごり」と勝手に呼んでいますが(笑)

実際には筋肉も凝っていますが、神経中心に「気」を当てて神経の交通渋滞を緩和してあげると、良くなってしまいます。

これは直接触れようが遠いところの方に遠隔で気を飛ばしても効果は変わりません。

場合によっては本人が気がつかない時に送っても同じです。

後から「何日の何時頃楽にならなかった?」と聞くと「そう言えば動けてました!」

と返ってきます。

意外とこのような方多いんじゃないかと思っています。



5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

忘れていませんか? 何も収束していません。

外部被爆と内部被爆について。 騒ぐだけで、何もしないのでは同じ事。 個人的見解ですが対策はあります。 何も行動せずにはいかないと思いました。 様々なソースを見ていて違和感を覚えたので書きます。 どうも広島や長崎と比較して納得している人が多いのでは? ものすごく簡単に書きますと。 広島、長崎は大火事でしたが鎮火しました、 福島は、ぼやでしたがいまだくすぶっています。 外部被爆は太陽にたとえると、 日

在宅ワークが多くなると運動不足やストレス過多 会社の机と椅子と違うので腰や肩こりになりやすくなりますので注意です。

腰椎がずれると起こりやすいのは腰痛・椎間板ヘルニア。 腰痛は実は脳からきていることが多く、ここではヘルニアについて述べます 何故ヘルニアが痛むのかは最近ご存知の方も多いですよね。 骨と骨の間にあるクッションの役割をしている椎間板はクッションですから当然骨と骨の間に挟まれています。 通常は少し間が開いているものですが骨の位置を決める筋肉が何らかの理由で萎縮すると椎間板を骨がおしくらまんじゅうをして椎