ストレスと痛み

その痛みを大きくしているのはストレスの場合が以外と多い

一般的に知られている原因は、骨と骨の間が狭くなり椎間板が飛び出て神経に触れている。と言うもの。

前から疑問に思っていましたが・・・

神経そのものが過敏になっている・・つまりストレスからきている場合が多いと言うことに気が付きました。

筋肉のコリに対して、「神経ごり」と勝手に呼んでいますが(笑)

実際には筋肉も凝っていますが、神経中心に「気」を当てて神経の交通渋滞を緩和してあげると、良くなってしまいます。

これは直接触れようが遠いところの方に遠隔で気を飛ばしても効果は変わりません。

場合によっては本人が気がつかない時に送っても同じです。

後から「何日の何時頃楽にならなかった?」と聞くと「そう言えば動けてました!」

と返ってきます。

意外とこのような方多いんじゃないかと思っています。



5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

いよいよ介護?

前半と後半で状況が変わってしまったので 後半は愚痴みたいになっちゃいました💦 実家の話ですが 両親も89歳と92歳 何度か脳梗塞や痴呆の疑い 心房細動など色々ありましたが 全て気を当てて治してます! 要介護4が2になったりしてます。 その意味では元気なのです。 病気の部分は幾らでも治すので良いですが 日常生活をあまり手伝ってしまうと 本人動かないので 体力を使わず、判断もしないで済んでしまうので