まだまだ続く進撃の神様


神様がここに決めたのには

潮流式気功の元と関係があると先日書きましたが

ある空間(現実的な空間とは違いますが)を使います。

そこのエネルギーを神様も好む様でこの場所を選んだのはその様な意味合いです。


また伊豆のスポットにも道が出来たのは

福島の方々の復興を願って訪問した際に菩薩さんと縁が出来たようで福島とも深い繋がりのある菩薩さんがいらっしゃる所に繋がっています。


そんな環境になったので

次々と神様がいらっしゃいます。


先ずは龍神様



先人の頃から伊豆には毎週の様に行き

禅寺で座禅を組んだり灸を習ったり

(灸はお陰で免許があります。)

龍神が棲む場所に行ったりよくしていました。

そこの龍神様は赤と白の二柱の龍神さんで

何故か20年近く前にありありと見た事があります。(今でもその顔は忘れません。)


初めは龍神さんが一万柱

店の上空にやって来て群れ(?)をなし

その中の1柱の龍神さんが場所を気に入り

琵琶湖ほどの池を作りお住みになられました。


暫くして店の中へ入る様になり

お前の守護神になってやる

人生を共にしてやると言われました。

よく見ると1柱と思ったのは間違いで赤と白の二柱でした。

名前を付けろと言われたので龍神様の固有の名前まであります。お伝え出来ないのが残念です。

その話はご要望が有れば書きたいと思います。


神様の話は滅多な事ではしないのですが

このホームページに訪れる数少ない方に教えろと言われたかもしれませんね。


神様の進撃はまだ続きます。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ここ数ヶ月で2度も入院した父。 12月21日に退院しました。 年末年始の事を色々やるだろうと予測出来たので毎日の様に実家に行って 大掃除や年始の飾り等やりましたが こちらの行動も虚しく またまた言う事を聞かずに あれこれやり出して 1月9日実家に行くと 背中が痛いと床に横になっていました。 気で見るとまた胸椎を新たに骨折。 本人は3日後に通院なのでその時に診てもらおうと考えていましたが 気診では明