お伽話8 10万人の亡霊と菩薩さんとの縁



変な閃きがあり、LさんにG県の人を助けに行きませんかと誘いました。

何故そこに行こうと行ってしまったのかわかりませんでしたが

すぐに話しはまとまり行く事になりした。

約1週間そちらに行き

(横浜から5時間位です)

その帰り高速で車を飛ばしていると事件が起きました。

頼みのLさんは既に高速バスで違う場所に移動中でした。

突然、ハンドルを握った手が硬直し手を少し離したら壁にぶつかってしまうようにハンドルを切ってしまいそうで怖くて手が離せません。

スピードも物凄く怖く感じられ、全く距離が進まない感覚でした。

気分的には何時間耐えたか位長く感じ、取り合えずサービスエリアに留めてLさんに連絡をしようとしますが、何故かサービスエリアを見過ごして通り過ぎてしまうのです。

そんなこんなをして、やっとの思いでLさんに連絡。

ただ事では無く嫌なものが沢山いるのが流石に鈍感な私でも良くわかりました。

聞けば10万人の幽霊が頼って来たそうで、なんとかするのに30分はかかりました(^-^;

G県の浮かばれない方々全てだったようです。

全てが終わった後、違うものが近づいて来るのも良く解りました。

「菩薩さんが礼を言ってる」とLさん。

とにかくなんとかなったのっ怖い思いをしたあとでしたので、その言葉は意にも介さず一目散に帰路につきました。

30分前と比べたら鼻歌が出そうな位快適なドライブでした。

無料会員登録は

http://wix.to/9kB3Ags

会員専用情報を見たい。

誰にも知られずに

質問したい。

問合せをしたい方は

こちらからが便利です。

  • 潮流式気功整体・白刀流運気術学院
  • 進藤潮流式気功整体白刀流運気学

2019 進藤潮流式気功整体・白刀流運気学 All rights reserved.